退職後さらに増した「nanaco支払い」のお得度

税金等を、nanacoで支払えるのをご存知でしょうか?

所得税や住民税が源泉徴収されているサラリーマンにも、固定資産税・都市計画税自動車税などの地方税については、納税者に対し、直接、納税通知書が送られてきます。

納税者は、この納税通知書により、金融機関等で自ら納付(普通徴収)する訳ですが、これはコンビニでも扱ってもらうことができます。

そして、そのコンビニをセブンイレブンにすれば、何と、そのままの額面で、nanacoでも支払えるのです。

在職中から、普通徴収の固定資産税自動車税を、セブンイレブンで「nanaco支払い」をしていた私は、早期退職後に、特別徴収でなくなった住民税や、国民年金・国民健康保険料の支払いでも、「nanaco支払い」ができることを知って、そのお得度をさらに実感しました。

リクルートカードからのクレジットチャージでポイント付与!

上記の税金等は、クレジットカード自体での支払いもできるにはできるのですが、税額等に安くないカード手数料がアドオンされるので、納税者側に経済的なメリットはありません。

それに比べて、「nanaco支払い」には、別途手数料がかからないだけでなく、リクルートカード(年会費無料)からnanacoカードにクレジット機能でチャージができ、そのクレジットチャージ時に、1.2%のリクルートポイントが付与される、という見逃せないメリットがあるのです。

上述した、普通徴収の固定資産税自動車税、早期退職後に特別徴収ではなくなった住民税と国民年金・国民健康保険料は、合計すると、年間数十万以上の額にはなります。

ということは、その1.2%である数千円分以上ものポイントを、たった支払い方法を変えるだけで、労せずしてゲットできるのです(家族分の年金等も支払えば、さらにポイントは増えます)!

本当に、支払手段を変えるだけなのに、この差はホントにでかいです。
今、銀行でこれだけの金利を得られる預金の元金となると、いったいいくらになるでしょうか?

リクルートポイントは、なかなか使えます。

おまけに、リクルートポイントはPontaポイントに等価交換できるので、ローソンで普通にお金代わりに使えるという利便性が高評価です。

ちなみに、Pontaポイントを「ローソンお試し引換券」の交換に使えば、さらにレバレッジが利いて、価値が2〜3倍に高まります。

nanaco支払いテクニック(おまけ):

ちなみに、nanacoは、1日最大10万円分まで(nanacoチャージ分+センター預かり分の上限)しか扱えないので、例えば、住民税では4期に分けて、または、10万円を超える分だけ現金払いとすることで、その利益を目一杯享受することができます。

たまに、セブンイレブンの慣れていない店員さんに無碍に断られることがありますが、その時は「10万円+現金払い」ができることを、是非教えてあげてください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする