フリーランスの「開業費」

早期退職後、税務署に「開業届」を提出すれば、めでたく個人事業主・フリーランスの誕生となりますが、その日を含む1年間の所得については、来年、自分で確定申告をしなくてはなりません。

初めての開業だと、会計ソフトなどを買い込んで、ちょっと簿記の勉強もしたりして、開業日以降の収支を記録すればいいだけと考えがちですが、いや、その時までに開業準備のために支出したお金が少なからずあるはずです。

確定申告では、それを「開業費」(繰延資産)として計上し、減価償却しながら経費で処理(所得からマイナス)できるのです。

ちなみに「開業費」とは、「事業所得(等)を生ずべき事業を開始するまでの間に開業準備のために『特別に支出』する費用」と定義されており、私には、起業して会社やお店を作ったりした人の「初期投資」のイメージがありました。

しかし、パソコンやネットだけで仕事が完結するような、一見「初期投資」がなさげなフリーランスにも認められる「開業費」があります:

もし、
・事務所を借りていた場合は、その初期費用や、家賃・光熱費など
・名刺や文具などを準備していれば、それら備品代
・チラシやWEBページなどで広告宣伝をしていれば、その費用

などは普通に想像できますが、フリーランスならではの開業準備として:

・開業前に新調したパソコン
・開業前にスキルアップのために購入した書籍
・開業前に受講したセミナーなどの参加費用

などの支出も、「開業費」に含めることができるのです(ただし、最終的な適用可否は税務者が判断します)。

自宅でひっそりと始めるフリーランスでも、開業までには、上記の項目について、数十万レベルの支出が発生していると思われますので、確定申告しない手はありません。

実際には、開業1年目から、十分な売上や利益を計上するのは難しいので、初年度の確定申告では、通常、経費計上してマイナスできる利益(所得)がない場合が多いです。

その場合は、開業費からの経費計上を次年度以降に持ち越して、しかるべき利益が出た年度を選んで、開業費の償却(任意償却)ができます。

開業にあたっては、「開業費」の対象をきっちり把握しておき、初めての確定申告ではしっかり計上しておきましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする