朝のマクドナルドと昼のイオンモール

中高年の居場所考

早期退職後、1日の大部分を過ごしていた会社という行き先を失った私は、それでも毎日外の空気を吸うことを自らのルールとし、遅めの朝食を取った後は、毎朝、MacBookを持って、必ず自宅を出て行きました。

そして、しばらくは、世の中にある、朝から夕方まで過ごすことができそうな「居場所」を、ひたすら探し出す日々を続けてみました。

毎日、行き先を色々と変えてみては、その居心地や必要となるコストなどを比べたりしてみました。

気候が良い時には、まず、本来居場所になるであろう公園に行ってみましたが、最近は、長時間平和に座っていられるベンチなどの施設も少なくなっていて、親子連れで賑わう時間帯には不審者に間違えられるリスクもあり、早々に選択肢から除外しました。

また、市内の図書館にも出向きましたが、朝、出遅れると、座席はすでに高齢者に占拠されており(1日中過ごす方も多い)、とても長居する気にはなれません。

さらに、電車移動の途中駅の待合室で、パソコンをいじってみたりもしましたが、大阪のおばちゃんの話し声は大きいし、意外にも、同類の先客が居たりして、やはり居場所にはできませんでした。

たまに、サウナスーパー銭湯にも行きましたが、いい気分転換にはなれど、日常の居場所とするには、ちょっとコストが掛かり過ぎます。

そして、考え得る様々な場所を訪れてみた結果、最終的に、「誰でも受け入れてくれて、お金もさほどかからない、心身ともに快適な空間」は、何と言っても、朝のマクドナルドと昼のイオンモールということに行き着いたのです。

朝のマクドナルド

朝のマクドナルドは、夫や子どもを送り出して来たと思われる主婦と、日課として欠かさず通ってそうな高齢者(どちらもだいたいグループ)でそこそこ混んではいますが、座席さえ選び間違えなければ、パソコン作業にも集中できる、静かで快適な環境(居場所)を手に入れることができます。
混雑しだした時には流石に憚りますが、以前に比べ随分美味しくなったコーヒー1杯で、小一時間滞在させてもらえる(ちょっとすいません)、とてもありがたい空間です。

客側目線の一方的な見解ですが、今や、マクドナルドは、色んな年齢層の、様々な立場の人たちに、つかの間の居場所を与えてくれている、一種の「社会インフラ」にすらなっていると感じます。

昼のイオンモール

一方のイオンモールも、すでに、日本中の至るところに拡大しています。

デパートが衰退しつつある現在では、大規模ショッピング施設の1強時代を築きあげたと言っても過言ではありません。

それもそのはず、イオンモールは本当に居心地良くできてます。

自宅のすぐ近くにあっても、あの吹き抜けの広々した空間に身を置くと、少しばかりの非日常感を感じさせてくれます。
主婦や高校生たちが引き寄せられるのも、無理はありません。

ということで、朝のマクドナルドの後は、昼のイオンモールに場所を移せば、午後からの数時間を快適に過ごすことができます。

一般客で賑わうお昼どきから少し時間を遅らせて到着すれば、まずは、バラエティ豊かなフードコートで、のんびりリーズナブルな昼食を楽しめます。
そして、平日昼過ぎのイオンモール内で、閑散となったカフェに入って、ゆったりとパソコンを開きます。

たまたま私は、ささやかなイオン株を持っているので、イオンラウンジがあれば、場所を移してパソコンやスマホの充電も済ませることができます。

さらに、イオンモール内の系列書店では、座って本を試読することもできますし、私がメインで利用している、上新電機やユニクロやQBハウスまでがだいたいの店舗には入っているので、パソコン周りや日常の買い物から散髪まで、ほとんどの私用も一気に捗ります。

となると、自宅近くに、マクドナルドとイオンモールがあれば、毎日決まった行き先のない身分でも、1日中、安価かつ便利に過ごせる「居場所」を、労せずして手に入れることができてしまいます。

その上、イオンモールからの帰路に、スーパー玉出(大阪なので)があったりしたものなら、夕食の食材まで格安に調達でき、家計のエンゲル係数まで下げてくれます。

それでも長続きはしなかった

たまには、マクドナルド(時にサンマルク)とイオンモールを「別のペア」に変えたりもして、そのような日々を1か月くらい過ごしましたが、最終的な結論として、やはり、1日の朝昼の居場所は、別途、自分でお金を払って見つけることにしました。

早期退職までの長いサラリーマン生活が身に染みている私にとっては、朝のマクドナルドと昼のイオンモールに身を置いた時の、世間の勤務時間にそこに居る背徳感や、社会からの隔絶感からくる辛さみたいなものから、どうしても逃れることができなかったのです。

そして結局は、平日朝昼の時間帯が廉価なレンタルオフィスを見つけて契約し、今では、その場所で、たまに受注するフリーランス業務や、ブログその他情報のインプットに精を出しています。

期せずして、朝のマクドナルドや昼のイオンモールでは、一人ぼっちの手持ち無沙汰な中高年男性を、たくさん見つけることができました。
私も間違いなくその中の一人でした。

他方、女性は高齢者になっても、誰かと連れ立っていて、すこぶる元気です。

朝のマクドナルドと昼のイオンモールの景色を眺めていると、私含め、会社を離れた中高年男性の毎日の「居場所」問題が、今後ますます深刻になっていく気がしてなりません。

↓ はてなブックマークにご協力いただければ幸いです




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする